その他の技術

孵化補助術(assisted hatching:AHA)

胚は卵の殻(透明帯)から抜け出て子宮内膜に着床しますが、殻から抜け出すことができない胚があります。針で透明帯の一部を切る透明帯切開法(partial zona dissection: PZD)またはレーザーで殻に穴をあけるレーザー法を行い、殻から抜け出しやすくすることで妊娠率を高くします。当院では移植する全ての胚に行います。

レスキューICSI (rescueICSI)

精子をふりかける体外受精では精子が正常でも受精しない卵が30%程度あり、全ての卵が受精しないことも10%程度の症例におこります。体外受精で受精させる場合は、昼の12時頃に精子をふりかけ、6時間後に卵の様子を観察します。その時にはまだ受精は完了していませんが、受精しそうか(受精徴候がある)、しなさそうかが判ります。受精徴候のない卵はそのまま放置しておいても、そのほとんどが受精しないため、受精徴候のない卵に顕微授精を行なうことで受精しない卵を救済します。当院では受精の徴候の判定に紡錘体を観察するため、受精しない卵の正確な判定が行えます。また胚の胚盤胞への成長はICSIと同等です。

ピエゾICSI(Piezo ICSI)

従来の顕微受精(ICSI)は先端の鋭利な針を使用して卵の殻を押し破り、細胞膜は細胞質を吸引することにより破るため卵にある程度のストレスがかかります。ピエゾICSIは機械により針へ微細な振動を与えることで、卵の殻と細胞膜を破ります。従来のICSIに較べ受精率が良好になるとされています。当院では開院当初から全ての卵のICSIに採用しています。


針を進めても透明帯は変形しません。

 

高倍率顕微授精(Intracytoplasmic morphyologically selected sperm injection:IMSI)

通常の顕微授精では、精子を400倍で観察して選択しますが、IMSIでは1000倍以上の高倍率で観察し、より良い形態の精子を選択します。それにより、胚発生の改善や流産率の低下が報告されています。
当院では適応基準を設け、行っています。

通常のICSI(左)とIMSI(右)の精子

  

紡錘体観察ICSI(PolScope ICSI)

通常の顕微鏡では卵の紡錘体(染色体)を観察することはできませんが、偏光を利用した特殊な顕微鏡で可視化できます。
通常の顕微鏡で成熟していると判断される卵の中には、まだ完全に成熟していない卵も含まれています。それらは紡錘体が形成されておらず、受精させても低受精率になり、発生も良くありません。そこでPolScopeを使用して適切なタイミングで受精させます。また顕微授精の針で紡錘体を損傷することもなくなります。当院ではすべての卵の紡錘体を観察しています。

紡錘体の見えない未熟卵(左)と紡錘体の見える成熟卵(右)

 

人為的卵子活性化 (artificial oocyte activation: AOA)

受精は精子が卵子の中に入り卵子が活性化することにより進行しますが、以前の顕微受精で受精率が低かった症例には、顕微授精の直後にカルシウムイオノフォアという試薬で卵子を人為的に活性化させることで受精率の改善を試みます。


救済人為的卵子活性化(rescue artificial oocyte activation: ROA)

顕微受精の4時間後に受精の徴候のない卵子は受精が進行しておらず、そのまま放置しておいても、そのほとんどが受精しませんが、受精徴候のない卵子に人為的卵子活性化を行うことで多くの卵子の受精を進行させることができます。当院では顕微授精の4~5時間後に受精徴候の見られない卵子が一定数以上あるときに、多くの受精卵を得るために救済人為的卵子活性化を行います。

 

タイムラプスインキュベーター(培養器)

タイムラプスインキュベーターは培養器の中に顕微鏡があり、培養器に入れたまま卵を一定間隔で撮影する装置です。卵を培養器の外に出さずに観察できるため卵の培養環境に良く、15分間隔に撮影するため卵の状態も良くわかります。当院では全ての卵子の受精状態をタイムラプスインキュベーターで観察しています。